Amstelveen BLOG

2009年3月〜9月までが1回目。そして再び2010年10月からオランダ、アムステルダム(Amsterdam)の南Amstelveen(アムステルフェーン)に駐在してます。 オランダの美味しいレストラン、文化、観光、綺麗な景色、面白い出来事などを伝えていきます!情報は実際と異なる場合もありますのでご容赦ください。

カーニヴァル

ベルギー、ユネスコ無形文化遺産『バンシュのカーニバル』

来週はカーニヴァルです。オランダの南、ベルギーなどでは各地でカーニヴァルが行われます。

この辺りでお勧めはベルギー、バンシュ(Binche)のカーニヴァル。
ベルギー、ユネスコ無形文化遺産『バンシュのカーニバル』
Carnaval de Binche
2013年2月10日〜12日開催 

Binche07
私は2007年に行ったことがあるのでご紹介します。















Binche01Binche03世界無形文化遺産のバンシュのカーニヴァル。

統一感があってとてもよかったです。




Binche04Binche05

 






Binche02Binche06父から息子へ、代々伝えられるのでしょう。

最終日のジルのカーニヴァルは見られませんでしたが、ヨーロッパらしいカーニヴァルは必見ですよ! 


ベルギーでは、アールストのカーニヴァルも有名です。
日時: 2013年2月9日(土)〜11日(月) 

ヨーロッパ3大カーニヴァルはここをクリック!
個人的にはフランス、ニースのカーニヴァルがとてもよかったです。

ヨーロッパ在住の間に各街のカーニヴァルに行ってみると楽しいですよ!お勧めです!!

ヨーロッパ3大カーニヴァル

この前の記事の続きです。
ヨーロッパで特に有名なものが3つあって、ヨーロッパ3大カーニヴァルと呼ばれています。

●ヨーロッパ三大カーニバル
1.Venezia(ヴェネチア)~Italia
Venezia(ヴェネチア)のカーニヴァル
開催日程は 2月11日(土)〜2月21日(火)

2.Nice(ニース)~France
Nice(ニース)のカーニヴァル「花合戦」
Nice(ニース)のカーニヴァル、イルミネーションパレード
開催期間: 2012年2月17日(金)〜3月4日(日)
2012年度のテーマは「King of Sport」です。期間中は、美しく飾り付けられたニースの街を、例年同様、決められたテーマに沿って、趣向を凝らした色とりどりの山車が練り歩きます。最終日には盛大な打ち上げ花火も行われ、祭りのクライマックスを迎えます。
 ニース・カーニバル公式サイト
URL:
http://www.nicecarnaval.com/

3.Viareggio(ヴェアレッジョ)~Italia
Viareggio(ヴィアレッジョ)のカーニヴァル
開催期間:2012年、2月5日(日)〜2月26日(日)

私のお勧めはニースのカーニヴァル!昼は花合戦といって、花で飾った車から花束をばらまきます。そして夜は山車のパレード。とても楽しく盛り上がります。

ヴェネチアのカーニヴァルは大混雑するので注意が必要です。カーニヴァルの時期は、あの狭い小さいヴェネチアに世界中から人が訪れ、平日朝の山手線内のように歩くことができません。
混みすぎていて、教会や美術館も大行列で入ることが困難です。カーニヴァルが目的でない人は、カーニヴァル時期にヴェネチアに行かないように!

というわけでヨーロッパ在住のうちに毎年いろいろな町のカーニヴァルに行ってみるというのも面白いかと思います。ぜひ!

ベルギー、バンシュ(binche)のカーニヴァル

そろそろカーニヴァルのシーズン。
カーニヴァルは、キリスト教の復活祭前の四旬節という節制する期間が始まる前に行うお祭りで、日本では謝肉祭といいます。

リオのカーニヴァル、ヴェネチアのカーニヴァルなど有名ですよね。カーニヴァルは主にカトリックの国で行われる行事なので、残念ながらプロテスタントのオランダではカーニヴァルはありません。

でもちょっと南に行ったベルギーはカトリックなので、カーニヴァルを行います。

ブリュッセル近郊のバンシュ(binche)で行われるカーニヴァルは「ユネスコ無形世界遺産」にも指定されていて、素晴らしいです。私は4年前に行きましたがかなりよかったですよ!

ベルギー、ユネスコ無形文化遺産『バンシュのカーニバル』
ユネスコ無形世界遺産に登録されているカーニバル。毎年、告解日曜から火曜までの3日間、ブリュッセルの南59kmの小さな町バンシュで行われる、ヨーロッパで最も有名なカーニバルのひとつ。特に道化師「ジル」が登場する最終日がクライマックス。ジルの起源は、1549年にこの地方を統治していたハンガリーのマリーが催した宴に、当時征服したインカ帝国の服装をした踊り手を登場させたのが始まり。1m近い大きなダチョウの羽飾りがついた帽子をかぶって、木靴を踏み鳴らしながら踊ります。2003年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。
ヨーロッパで最も古いカーニバルのひとつ。最終日のマディ・グラ(火曜日)にダチョウの羽根帽子をかぶるジルがオレンジを投げる(15時〜)のが見どころのひとつ。
日程:2012年2月19日(日)〜21日(火)
場所:バンシュ(Binche)

http://euro.typepad.jp/blog/2011/11/binche_carnaval.html
http://www.binche.be/detentes-loisirs/carnaval-binche/programme 


binche02binche03









binche01この統一した衣装、仮装で町中練り歩きます。

最終日に道化師ジルが登場し、町中でオレンジを投げまくります。残念ながら今年のカーニヴァル最終日は2月21日(火)ですね。

でも2月19日(日)もこの写真のようなカーニヴァルは見られますので、よかったら行ってみてください!AmstelveenからBincheは車で260辧3時間弱なので十分日帰りできます。

子供も一緒に仮装してかわいらしいですね。こうやって伝統文化が継承されていくのでしょう。

来週の日曜日はバンシュのカーニヴァル、是非行ってみてください。かなりお勧めです!

livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

今日もありがとうございます

Booking.com
Rentalcars.com
Recent Comments
  • ライブドアブログ