Amstelveen BLOG

2009年3月〜9月までが1回目。そして再び2010年10月からオランダ、アムステルダム(Amsterdam)の南Amstelveen(アムステルフェーン)に駐在してます。 オランダの美味しいレストラン、文化、観光、綺麗な景色、面白い出来事などを伝えていきます!情報は実際と異なる場合もありますのでご容赦ください。

オランダ観光

お勧め!穴場の「デンハーグ市立美術館」

在オランダ日本大使館があるDen Haag(デン・ハーグ)には、素晴らしい美術館がいくつかあります。
真珠の耳飾りの少女が有名な「マウリッツハイス美術館」や、だまし絵の「エッシャー美術館」、パノラマ風景画の「パノラマ・メスダグ」は本当にこれが絵画なのかと圧倒されます。

これら有名な美術館だけでなく、日本大使館の近くに「ハーグ市立美術館」というかなり渋い美術館があります。
「マウリッツハイス美術館」より素晴らしいとまでは言いませんが、なかなかいい絵がそろっているので、ご紹介したいと思います。
DH01DH02
デンハーグ市美術館(Gemeente Museum)
address: Stadhouderslaan 41, 2517 HV Den Haag
TEL: 070-338-1111
Close: Monday
Open: 11:00-17:00
入場料:13.5euro (18歳以下は無料)、Museum card所有者は無料。
http://www.mauritshuis.nl/en/
・1935年に建てられた近代美術館。ピート・モンドリアンのコレクションで有名。モネ、ピカソの絵もあります。私が強くお勧めするのは「Siebe Wiemer Glastra」の絵です。1度見たら忘れられない絵ばかり。色使いに圧倒されます。フラッシュ無しで撮影OK。

1st floorではDutch fasion、服飾の近代アートの展示でした。なかなかインパクトのある服ばかり。
DH03DH04

DH05DH06

私はファッションにはあまり興味ないですが、写真に撮るとなかなかすごいですね。
DH08

DH07DH09

DH10DH11
なんか、ゆるキャラみたいなのが混じっていました。
DH12DH13

地上階のデルフト焼きのコーナーは見ごたえがあります。
DH14DH15

DH16DH17
デルフト焼きの鳥かご、かっこいいですね。
DH19DH18

王室御用達のものもあって、素晴らしいものばかりです。
DH21DH23

ピート・モンドリアンのコレクション。初めて見ましたが近代的な中にも癒される雰囲気があり気に入りました。
DH24DH25

DH26DH27

近代美術館らしく、奇抜な展示、何これ?的なものもあって、私は好きです。
DH28DH31

DH33DH34

DH35DH36

DH37DH40

ピカソの絵が4枚ほどありました。これもピカソという絵もあるのでお見逃しなく。
DH39DH43

DH41DH42

個性的な画家、作品が多く、非常に興味深いです。
DH44DH45

DH46DH47

私のお勧め、Siebe Wiemer Glastraの絵は地上階の右奥にあります。
1910年生まれ、49歳から絵を描きはじめて63歳で亡くなっています。プロの画家になろうとは思わなかったようですが、自分はすべての画家の中の王だ!と宣言していたということで、かなりの自信家だったようです。
聖書を題材にした絵画が多く、非常に独特な画風、色使いです。
DH48

写真だと分かりづらいのですが、絵の具を何度も重ねていて、立体的な絵になっています。
DH49

横から見ると絵の具を盛り過ぎてゴツゴツしている部分や、山のように盛り上がっていたりして、迫力があります。
DH53

この絵も立体感が半端じゃないです。
DH50

近くで見るとかなり立体的な状態がわかります。
DH51DH52

一度見たら忘れられないほどのインパクトがあります。
DH54DH55

DH56DH57

ヴィンセント賞、受賞の絵画の部屋もお勧めです。毎年選ばれる、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ賞を受賞した絵画を集めた部屋です。インパクトある絵画ばかりで見ごたえがあります。
DH59DH60
DH61DH62

中央には広いカフェもありますので、絵画、美術鑑賞含めて1日ゆっくりするのがいいと思います。
DH38
在オランダ日本大使館から近いので、パスポート更新等の後に寄ってみてはいかがでしょうか。お勧めです!

今年もAmstelveenにSinterklaasがやってきます!11月14日(土)

今年もこの季節になりました。
恒例のSinterklaas(シンタクラース)がAmstelveenにやってきます!
去年の様子はこちら。

11月14日(土)、例年通りだとVan del hooplaanとSportlaanの交差点あたりからパレードはスタート。13時すぎにAmstelveen中心の広場にやってきます。
今年もまた、ズワルト・ピートが人種差別だと問題になっていますが、シンタクラースのイベントを楽しみましょう。

翌日の11月15日(日)にはAmsterdamにて大規模なSinterklaasのパレードがありますので、よかったら。
http://www.sintinamsterdam.nl/

ただし、予定時間はかなり過ぎますのでご注意ください。

5月9日、10日は、年に一度の風車の日!

今度の土日は年に一度の「風車の日」です。オランダにはいまでも1000基ほど風車がありますが、通常は一般公開されていません。風車の日はカラフルに飾ったり、イベントなどが行われとても楽しいので是非行ってみてください。

オランダ風車の日
風車はザーンセ・スカンスやキンデルダイクだけではない。オランダにはまだまだ現役で動いている風車が1000基以上ある。毎年5月に開催される風車・水車の日には、約950基の風車が一般公開され中の様子を見ることができる。イベントも多く用意されており、パンケーキ作りや子供用のゲーム、風車を巡るサイクリングルートなど大人も子供も楽しめる。毎年10万人以上が訪れるこの風車・水車の日は、オランダ風車協会が1923年に始めたもので、オランダの風車と水車の保存を目的とした。

日時:2015年5月9日(土)10日(日)
場所:オランダ全土 (詳細はウェブページを参照)

http://www.molens.nl/site/nationale-molendag/programma.php
上記サイトから地図上で風車の場所を確認することができますよ。

以下は2009年5月の風車の日の様子です。もう6年も前だなあ。。。
パンケーキを無料でふるまったり、風車を旗で飾ったり、楽しい祭りの日です。
Molen01Molen02

実際に風車で小麦を挽いていました。
Molen05Molen06
お土産として小麦を買うこともできます。
Molen07Molen04

この日は2か所の風車に行きました。
Molen09Molen08

Molen10Molen023
オランダと言えば、風車とチューリップ!年に一度の風車の日ぜひ行ってみてください。

世界で最も美しいチューリップ・ルート in Emmeloord

毎年今の時期、Emmeloord(エメロード)にてチューリップ祭りが行われます。

---------
キューケンホフはすでに行ったという人にはこのチューリップ・ルートがお勧めである。
オランダの北東部にあるノールド・オースト・ポルダー地区(フリースランドの南、Emmeloord付近)は面積1000ヘクタールの最大のチューリップ栽培地であり、畑の中や脇を通り過ぎる「チューリップルート」は全長100kmとオランダ最長。キューケンホフがあるオランダ西部はすでに地価が上がりすぎで採算が取れないため、栽培地は北東部に移っている。このノース・ポルダー地区では毎年チューリップフェスティバルが開催され、花畑を通る自転車ルートやハイキングルートが用意されている。美しいカーペットの中を自転車で走り抜けるのは気持ちがいい。
2009年のナショナル・ジオグラフィーは世界で最も美しいルートだとしている。
毎年5万人以上が訪れるという。

日時:2015年4月17日から5月5日まで
http://www.stepnop.nl/tulpenfestival
--------
EmmeloordはAmstelveenから北東に約100辧⊆屬1時間ほどです。
Emmelord
去年行ったときは雨で、寒くて、チューリップが咲いているところがどこかよくわからず結局ちゃんとは見れませんでした。
Emmerlord2
とりあえず行ってみたら何とかなるだろうと思っていくと、チューリップが見れないまま、良くわからず帰ることになるかもしれませんのでご注意ください。。。
未だによくわかっていません、すいません。。。

遊園地のような公園、Amstelpark(アムステルパーク)

今日はAmstelveenからすぐ近く、RAI駅そばにある遊園地のような公園、Amstelparkを紹介します。
AmstelPark29AmstelPark01
Amstelpark
Address: Europaboulevard, 1083HZ, Amsterdam
Open: summer time 11:00-17:00(winter 11:00-16:00)
http://www.amstelpark.info/route

小学生以下のお子さんに最適の公園です。Europaboulevard側から入るとすぐにジェラート屋があります。いつも混んでいておいしいです。
AmstelPark02AmstelPark03

正確には決まっていませんが30分に1本程度公園を一周するミニトレインが走ります。子供も含めて一人2Euro。
それほどスピードは出ませんので赤ちゃんでもOK!10分くらいかけてゆっくり回ります。
AmstelPark04AmstelPark05

AmstelPark07AmstelPark09

奥の方に行くと、子供用の遊戯施設があります。
AmstelPark06AmstelPark11

さらに上にいくと、アスレチック的なところや、コインを入れて走る車や遊戯施設があります。
AmstelPark12AmstelPark13

AmstelPark14AmstelPark15

AmstelPark22AmstelPark23

AmstelPark23AmstelPark24

AmstelPark25

カート、ボートは息子もお気に入りです。
AmstelPark16AmstelPark17

AmstelPark18AmstelPark19


AmstelPark20AmstelPark21

さらに奥にはポニーや小動物がいる施設もあり、動物と触れ合えます。
AmstelPark08AmstelPark28

ミニゴルフや、その他の動物がいるミニ動物園もありますよ!
AmstelPark27
天気の良い日には是非!

オランダで最もきれいなビーチ、ベスト11

オランダの海は北海。波は荒く、水温は低いので夏でも泳げないです。
ですが、天気の良い日には海水浴はしなくても、ビーチでのんびりすると気持ちがよいです。

以下はテレグラーフ紙が選んだオランダのビーチ、ベスト11です!
オランダの北端、世界遺産のワッデン海近辺のビーチが多くランクインしてます。

今の時期は気温も高く、天気も良いので週末にビーチでのんびりしましょう!。
-------------
オランダは250kmにわたって海岸線に面しているが、海水浴には適していなかったり人混みで落ち着かない場所が多い。しかし、一部のビーチは珍しい植物が繁茂しているなど自然も豊かでリラックスできるところも。以下はテレグラーフ紙が選んだトップ11のビーチである。

■Schiermonnikoog (スヒアモニクオーグ島) オランダの北部ワッデン海にある島で、海岸の長さは欧州で最も長い。アザラシもときどき海岸に現れる。また緑も豊富である。
■Ameland (アメランド島) これもオランダの北部ワッデン海に浮かぶ島で、海岸線は27kmに及ぶ。隣のテルスヘリング島が海岸から眺められる。日没が美しい。
■Terschelling (テルスヘリング島) 同じくワッデン海にある島でビーチは30kmと長い。カフェなどもたくさんある。
■Vlieland (フリーランド島)ワッデン海にある島の中では最も静か。小さな村と森があり、ビーチもクリーンで静かである。
■Texel (テッセル島)この島には数10のビーチがある。自転車道も整備されているので自転車ツアーを楽しむ人も多い。
■Bergen aan Zee  (ベルヘン・アーン・ゼー)。オランダ北部にある美しい海岸。海水浴、サーフィン、カイトなどが楽しめる。
■Wassenaar (ワッセナー) ハーグに近い静かな海岸でビーチは約8km。ビーチに接する砂丘で自転車ツアーやトレッキングなどができる。
■Kijkduin (ケイクダウン) ハーグのそばの静かなビーチ。ここも砂丘を自転車で走れる。ところどころにアトランティックウォールと呼ばれる第二次世界大戦中の塹壕が残っているのが見える。
■ Vlissingen (フリッシンゲン)オランダの南にある町であるが、海岸も整備されている。このビーチでは宿泊もできる。
■Zoutelande (ザウテランデ) ゼーランド州にある清潔で静かな全長5kmのビーチ。子供連れに向いている。
■*Cadzand (カットサンド)ここもゼーランド州にある全長11kmのビーチ。自然が豊かな砂丘林に囲まれている。サメの歯などが見つかるので子どもたちに人気である。
--------

猫好きにはたまらない、Katten Kabinet(猫の博物館)

アムステルダム、ヘーレン運河に面した1669年に建てられたカナルハウスの中にある小さな博物館。

「全世界のあらゆる時代を通じて猫が芸術表現に関わってきたすべてを紹介する」というのがコンセプトの猫だらけの博物館です。オーナーは、飼い猫のヨハネス・ビエルボン・モルガン三世の死を悼んで1984年にこの博物館を作りました。

KattenKabinet27KattenKabinet01
Katten Kabinet(猫の博物館)
address: Herengracht 497, 1017BT, Amsterdam
TEL: 020-626-9040
Close:Monday
Open: 10:00-16:00, Sat&Sun 12:00-17:00
Admission fee: 5euro (Museum-card使用不可)
近くのおすすめ: Tassen museum Hendrikje(バッグ美術館):350m
●オーナーが世界中から集めた猫グッズであふれる博物館。

博物館自体はそれほど大きくありませんが、オーナーが集めた猫グッズがたくさんあります。猫好きにはたまらない、かなりユニークな博物館です。
KattenKabinet26KattenKabinet24
 
本物の猫も数匹います。
KattenKabinet04KattenKabinet23

(右下)猫ドル紙幣です。
KattenKabinet02KattenKabinet05

壁面には世界中から集めた猫のポスターがたくさん!
KattenKabinet06KattenKabinet07

クラシックな部屋がいい雰囲気。大型の招き猫もいます。
KattenKabinet08KattenKabinet09

KattenKabinet10KattenKabinet19

招き猫の集団、白磁製です。
KattenKabinet11KattenKabinet18

別の招き猫と、本物の猫です。
KattenKabinet12KattenKabinet13

KattenKabinet14KattenKabinet16

よく見たら猫の絵ですね(右下)
KattenKabinet21KattenKabinet20

KattenKabinet22

いろいろな部屋があって興味深いです。
KattenKabinet17KattenKabinet15
Tassen-museumのすぐそばなので、セットで行くのもよいですね。

Dordrechtのクリスマスマーケットに行ってきた!

先日記事で書いたDordrechtのクリスマスマーケットに行ってきました。

ドルドレヒトはAmstelveenから80辧⊆屬1時間ほど南に行った古い町です。
オランダ最大のクリスマスマーケットで、2.5劼砲錣燭辰討燭さんの出店が出ていました。
ただし、ドイツのクリスマスマーケットと違って、クリスマスとは関係のない出店も多かったです。
クリスマスの雰囲気に浸れるというほどではなかったかなあ。
Dordrecht01Dordrecht02

この辺は普段のマーケットと同じです。クリスマスとは無関係の衣類、靴などを売ってました。クリスマスの雰囲気はないですね。。。
Dordrecht03Dordrecht04

サンタさん発見!それにしてもかなりたくさんの人がいました。
Dordrecht05Dordrecht06

Dordrecht07Dordrecht08

サンタたちがクリスマスソングを演奏しながら歩いていましたよ。
Dordrecht09

Dordrecht10やっぱりオランダはフリットがうまい!玉ねぎのみじん切りをかけてくれました。

左はチムニー(煙突)という焼き菓子。右はクリスマスマーケットではおなじみのホットワインです。
Dordrecht11Dordrecht12

ドルドレヒトの大聖堂に来てみると、広場にはラクダ、羊、アルパカ、カモなどなどがいました。キリスト生誕の再現?をしているのでしょうか。
Dordrecht13Dordrecht26

大聖堂の内部は素晴らしかったです。ステンドガラスがきれいでした。
Dordrecht25Dordrecht19

特にすばらしいのはこの巨大なパイプオルガン。
オランダは教会のパイプオルガンが戦争中でも壊されずに残っているものが多いです。
第二次大戦中、最初はドイツに占領されたので、ドイツに守られ、後半は連合軍に守られたため、爆撃を受けずに済んだため、教会、パイプオルガンは当時のまま残っています。
Dordrecht16Dordrecht22

私は教会、寺、モスクなど、人々が昔から集まる生き生きとした建物が好きです。
廃墟の遺跡もいろいろと行きましたが、想像力が不足しているのかあまり感動できません。。。
Dordrecht17Dordrecht18

近代的な装飾になっていました。現代アートの感じです(左)。右はミニチュア模型です。
Dordrecht20Dordrecht21

金庫が開いた状態で金の皿などが展示してありました。
Dordrecht24

再び外に出るとかなり暗くなっていて、おなかも空いてきました。
オランダではインドネシア、マレーシア、タイ、ベトナムの料理、レストランも多くて、これは定番の春巻き、ルンピア(Loempia)です。
Dordrecht27Dordrecht28

ドルドレヒトは造船も盛んでした。幕末に幕府はオランダに軍艦を依頼しました、咸臨丸です。
明治になって、勝海舟を船長として、福沢諭吉、ジョン万次郎らが咸臨丸にのってサンフランシスコにわたりました。
ここで咸臨丸を作ったんだなあと思うと感慨深かったです。
Dordrecht30Dordrecht31

大聖堂をバックにクリスマスソングを演奏していました。
Dordrecht32Dordrecht33

運河の周りのマーケットはクリスマスとは関係のないものばかりでちょっと残念。
Dordrecht34Dordrecht36

Dordrecht37Dordrecht40

派手な綿あめ屋さん(左)。ドイツ風ホットドッグ、ソーセージがかなりおいしかった。
Dordrecht39Dordrecht38

暗くなってくると雰囲気がよくなってきました。
Dordrecht41Dordrecht42

クリスマスソングをJazzっぽく演奏。いい感じでした。
Dordrecht43Dordrecht44

というわけで今年のオランダの冬は今のところ天気がよく、比較的気温も高いので、気持ちよく歩くことができました。毎年12月中旬に週末の3日間、Dordrechtにてクリスマスマーケットが開かれますので来年よかったら!

個人的には、ケルン、ドュッセルドルフ、ニュルンベルクなどのクリスマスマーケットのほうがお勧めです!

Amsterdamのイベント、教会の夜(Kerken nacht)

6月22日の土曜日、Amsterdamの主要な教会にて、19時から0時の間、特別に開いてイベントを行うようです。

Keren Nacht
http://kerkennachtamsterdam.nl/

アンネフランクの家のそばの西教会(Westerkerk)では、19時から教会内部にてバッハの曲のコンサートが行われます。他の教会でもいろいろとイベントがあるようですよ。

1年で最も日照時間が長いこの時期に毎年このイベントが行われるようです。
みなさん、よかったら是非! 

Amstelveenの観光トラムに乗ろう!

museumtramlijn40毎年サマータイムの時期だけ、AmstelveenからBovenkerkからAmsterdamのHaalemmermeerstationまで、昔懐かしい観光トラムが走ります。

Bos公園の東側をかすめながら、オリンピックスタジアムを通過してフォンデルパークの手前くらいまでです。

Electrische Museumtramlijn(観光トラム)
運行日程:2013年3月31日から10月27日まで
毎週日曜日のみ、11時から17時くらいまで、およそ20分おき
料金:往復4 Euro 
http://www.museumtramlijn.org/




museumtramlijn01museumtramlijn02これは去年乗った時の様子です。







museumtramlijn03museumtramlijn04運転手、車掌など全てはボランティアのみなさんで行われています。定年した方が多いです。こういうのを続けるというのは素晴らしいことですね。

戦前のころのトラム。趣があってかっこいいです。

museumtramlijn05museumtramlijn11
内装はほとんどが木製で古びていますがとてもいい雰囲気。

線路も古くてさびて、ゆがんでいるのでかなり揺れますが、それも楽しんでください。
子供には少し操縦させてくれたりするので運転手の方に行って
museumtramlijn09museumtramlijn10
みるとよいでしょう。

ING銀行本社前を通り過ぎる様子。





museumtramlijn06museumtramlijn07
この日は天気がよく、景色も素晴らしかったです。






museumtramlijn08








museumtramlijn12終点のHaalemmermeerstationで降りるときの様子。内装はこんな感じです。








museumtramlijn14museumtramlijn13終点には何種類かのトラムがあるので記念撮影!







museumtramlijn15museumtramlijn16
青のトラムもかっこいいです!








museumtramlijn21museumtramlijn22Haalemmermeerstationの駅舎の内部。昔のトラムの一部も飾ってあって博物館のようになっていました。





museumtramlijn23museumtramlijn17









museumtramlijn18
museumtramlijn19観光トラムグッズが多数おいてあります。マニアが買いに来てました。






museumtramlijn20
museumtramlijn24








museumtramlijn25museumtramlijn27








museumtramlijn26museumtramlijn28子供用のものも少しだけ置いてありました。







museumtramlijn30museumtramlijn3120分ごとにトラムが出発しますので、またここからAmstelveenに戻ります。






museumtramlijn33museumtramlijn32








museumtramlijn35museumtramlijn36皮の手すりもいい感じ。

トラムの種類はたくさんあるので、いろいろと乗ってみるとよいでしょう。





毎年、父の日は、父と子供で行くと、お父さんのチケットが無料になります!今度の日曜日(6/16)は父の日なので父子で行くと無料ですよ!よかったら行ってみてください。
観光トラム、懐かしい気持ちになれます。

教会を改装したBrewery、Jopen(ヨーペン) in Haarlem

Amstelveenの近くの町Haarlem(ハーレム)は大聖堂、広場など観光するには素晴らしい街です。

ハーレムの広場にはカフェがたくさんありますが、今日はもっとお勧めの店を紹介します。広場から徒歩5分、北海水産のすし屋さんのすぐそばです。
Haarlem19Haarlem20








Jopen Church
address:Muted Voldersgracht 2, 2011WB,Haarlem
TEL: 023-533-4114
open daily,10:00―01:00
Lunch: 12:00–15:00
Dinner: 17:30–22:00
recommend:★★★★★
●教会を改装したBrewery(ブリュワリー)は内装もきれいで、たくさんの種類のビールを飲むことができます。1階は軽食、2階はレストランになっています。
jopenkerk.nl

まずは店内の様子から。
Haarlem21Haarlem22








Haarlem30Haarlem37









1階の奥は落ち着いてゆっくりできるソファーがあります。ここで落ち着いて飲むことができます。
Haarlem46Haarlem23









Haarlem24Haarlem27








カウンターもいい感じです!
Haarlem28Haarlem25









Haarlem39Haarlem40








内部は以前の教会のままになっています。天井はアーチになっていて、窓にはステンドグラスがありとてもきれいです。Haarlem29Haarlem38









Haarlem32Haarlem33









Haarlem342階はレストランになっていて、ステーキなどのメニューがあります。








ここでは10種類くらいのビールを作っていて、賞もとっています。
Haarlem35Haarlem36









Haarlem26メニューを見ても、実際には無い場合もあるので、この手書きのビールメニューを見てください。

各種ビールの説明はこちらをご覧ください。






Haarlem41Haarlem42左は、
Adriaan(5.0%)、Whitebeer
いわゆるヴァイスビール、おいしいです。

右は、
スタンダードのPils
これも後味がしっかりしていて非常においしかった。

Haarlem45Haarlem47左は、
Hoppenbier(6.8%)、Blonde
このビールは濃厚な味でとてもおいしかった。

右は
Koyt(8.7%)、Gruit
かなりアルコール強めで注意です。

軽食、ビタボレン、ハンバーガーを頼みました。ハンバーガーの味はまあまあでした。。。
Haarlem43Haarlem44








ここは通いたくなるほど気に入りました。まだビールも全種類飲んでいないので次回は2階のレストランでステーキでも食べながらビールをガンガン飲みたいです。

皆さんも是非どうぞ!!

追伸:飲酒運転厳禁!Amstelveenからバスで行くのがお勧めです。AmstelveenからHaarlemにバスで行く際は175番のバスで行くと30分でつきます。300番でもHaarlemに行けますが、スキポール空港など、かなり寄り道しながら1時間もかけていくので175番がお勧めです。

Hoorn(ホールン)のチーズ市(Kaasmarkt in Hoorn) 2013

みなさん、オランダのチーズ市に行ったことはありますか?

ゴーダ、エダムなどチーズ市が有名ですが、平日昼間に行われるのでなかなか行くことができません。

Amstelveenから北に55劼里箸海蹐砲△Hoorn(ホールン)のチーズ市は木曜日、昼と夜の2回チーズ市が行われるので、頑張って早く帰宅すれば家族で行くことができますよ。
2013年、Hoornのチーズ市の日程は以下の通りです。
もちろん、無料!お勧めです。

Hoorn市によるチーズ市の情報はここ。

2013年の予定:
JUNE(6月):13日、20日、27日
JULY(7月):4日、11日、18日、25日
AUGUST(8月):1日、22日、29日
昼の部:12:30〜13:30
夜の部:20:30〜21:30


2012年の記事はここ。
この去年の記事を見ていただくと、詳細わかりますのでチェックしてみてください。

まだ1か月先ですが、今から予定を空けて、是非チーズ市を見に行ってください。楽しいですよ!

チューリップ畑を見ながら蒸気機関車(Stoomtram)に乗ろう!

今日はこの記事から。

以前私も以下のようにHoorn(ホールン)の蒸気機関車の記事を書きました。

さあ、今週からヨーロッパはサマータイムに突入!これから日照時間がドンドン伸びて最高の季節を迎えます。
このホールン、蒸気機関車は4月1日から9月30日まで毎日運行してます。

特にこれから、5月初めまでは機関車に乗りながらチューリップを見ながら走るので最高です。
さらに、ミュージアムカードがあれば無料なので、いいですね!

今度の土日は機関車乗りながらチューリップを堪能しましょう! 

アムステルダム2013

アムステルダム2013
「Amsterdam 2013」と題したポスターをアムステルダムの街中でよく見かけるが、2013年は同市にとって特別な年となる。 
大きなイベントとしては、長い間改装中で閉館していた国立美術館とゴッホ美術館の再オープンがある。さらに、コンセルトヘボウ・オーケストラの結成125周年記念。19世紀の面影の残るアルティス動物園の開園175周年記念。長い間アムステルダムの文化、芸術、科学の中心的存在であったフェリックス・メリティスの225年記念。そしてアムステルダムの運河建設の400年目が祝福される。また近郊ハーレムのフランス・ハルス美術館の開館100年、そして17世紀オランダと関係の深かったロシアを題材としたロシア年がエルミタージュ美術館などで企画されている。 

ロシア年はアムステルダムだけでなく、風車で有名なザーンス・スハンスも舞台となる。17世紀、ザーンス・スハンスは約1600基の風車が稼働する世界初の「工業地帯」であった。当時オランダを訪れていたロシアのピョートル大帝がこの地にしばらく滞在し造船技術などを学んでいた。今年はザーンス・スハンスでもロシア年にちなんだ展覧会などが開かれる。 
-------------

今年はコンセルトヘボウの125周年ということで、ビックなイベントがいろいろと行われております。
コンセルトヘボウ楽団は世界3大楽団の1つ!せっかくオランダに住んでいるなら是非とも一度はコンセルトヘボウのコンサートを聞きに行きましょう。コンセルトヘボウのチケットの買い方などはここをクリック。

国立美術館の再オープンもうれしいニュースですね。 
 
アムステルダム国立美術館4月14日再オープン
アムステルダム国立美術館は10年にわたる改修工事を終え、2013年4月13日に再オープンする。それに伴い、下記の通り展示スケジュールが変わるのでご注意。 
2月4日から3月17日までフィリップス棟の一部が公開される。レンブラントの『夜警』をはじめ、フェルメールやフランス・ハルスといった巨匠たちの作品が鑑賞できる。入館料:€10 
3月18日から4月12日まで国立美術館は全館閉館。 
新しくなったアムステルダム国立美術館の入場券は3月中旬より販売開始される。 
開館時間 :毎日9:00〜18:00 

以前の予定では、4月13日、国立美術館の再オープン時にはマキシマ女王が記念式典に参加するということでした。女王退位の日程が近いので実際女王が参加するのか不明です。

国立美術館はMuseumカードも使えますので、再オープン後は是非訪れたいですね。

というわけで今年はアムステルダムで記念イベントが目白押し。女王退位式典もダム広場で行われますので楽しみましょう!

旅行のアドバイス、その1、旅行の準備、計画

みなさんこんにちは。
今年もBlogを読んでいただきましてどうもありがとうございました。

今日は、旅行のコツなどについて書こうと思います。
みなさんはせっかくヨーロッパにいるので、いろいろなところに旅行に行っているのではないかと思います。

・旦那さんの仕事や子供の学校の都合
・個人旅行ではトラブルが発生したとき大変。効率的に回れない。
などの理由で、ツアーなどに申し込む方が多いかと思います。
もちろんツアーは日本語での説明があり、安全、楽ですが、もっとここに居たいのに集合時間のため出発しないとといけないなど融通が利きません。その周辺にもっとよい観光地があってもツアーの都合によっては行かないこともあります。またツアーは高いです。

私は現地の日帰りバスツアーなどを除いて、最初からツアーの旅行というのに参加したことがありません。自分で好きなように、好きなところに、好きな時間居たいので、トラブルもありますが個人旅行しかしません。安いですし。

そこで今日は私が普段行っている旅行の仕方を紹介します。
まずポイントを書きます。
^造するためのコツ→かなり前から計画し、フライト、ホテルなどを予約する
楽しむためのコツ→ベストシーズンに行く。その場所の祭りなどの日程に合わせる。事前に美味しいレストラン、観光地について調べておく。
F輿海竜戮澆里燭瓩泡普段から行きたい場所を考えておく。

,砲弔い董
基本的にフライトは、同じエコノミーだとしても、値段の違いがあります。残席が減ると値段は上がっていきます。よって、休みの予定が事前に決まっていれば、1年前でもフライトを取っておくことをお勧めします。かなり安いです。
私の場合は出張が多いので予定は立てにくいのですが、かなり前にフライトをとります。もしその日程で出張が入ったらフライトチケットを捨てます。フライトのチェックには、Skyscannerがお勧めです。
Skyscanner
http://www.skyscanner.nl/
日本語表記設定もかのうです。 

格安フライトLCCを含めてすべての航空会社からコンビネーションを含めて最安値フライトを検索、そして予約することができます。「一年間」という設定もできて、1年で最も安い時期を確認することができるので、その場所に行くにはいつ行くのが一番安いのかを把握しておくとよいでしょう。

また、せっかく旅行するなら滞在時間はなるべく長くしたいものです。
ただ、フライトの都合で、行きは夜、帰りは朝などの場合、行きと帰りの日はほとんど無いようなものです。そのためバスで行くというのも手です。格安バスのEurolinesをチェックしてみてください。
Eurolines
http://www.eurolines.nl/

例えば、Berlin(ベルリン)に行くには、Amsterdam、Amsltel-stationから22時発、Berlinに5時着、帰りも22時頃発、Amstel-stationに早朝着きます。バスで眠れるという方には深夜バスで行けば現地の滞在時間が長くなりますよ!

ホテルの予約、確認は、みなさんもご存じのBooking.comがお勧めです。最安値ですし、情報が満載でわかりやすいです。
Booking.com
http://www.booking.com/index.en.html
 
このホテル予約も早いほど良いです。早いと当然たくさんのホテルから選べますし、「キャンセル料無料」設定で予約可能です。直前ですとそのまま支払して予約しないとなりません。「キャンセル料無料」で予約するとよいでしょう。

△砲弔い董
旅行を楽しむには、普段からの下調べ、計画が重要です。
寒い時期にビーチリゾートにいっても楽しくありません。夏に中東に行ったら気温50度以上なので暑くて何もできません。旅行に行くときは、その場所でベストのシーズンに行くことをお勧めします。
さらにはその場所で行われる祭り、カーニバルなどに合わせていくとさらに楽しいです。ヨーロッパの祭り情報については、このサイトがお勧めです。
ヨーロッパ旅行情報
http://euro.typepad.jp/blog/ 

ただし、祭りの時期は混みますので、フライト、ホテルもとりにくいです。そのためには上記,里茲Δ忙前の予約が重要です。

せっかくいくなら、その場所の観光地をなるべくたくさん見たいですよね。そのためには事前にガイドブックなどで開館、閉館時間、休みの曜日などを調べておくとよいでしょう。最も早く開く場所から回ればよりたくさんの観光地を見ることができます

。またおいしいものも食べたいですよね。ガイドブックや、ブログなどでおいしいものの情報を集めておくとよいでしょう。個人旅行をする場合、ガイドブックはやはり「地球の歩き方」が一番です。より細かな情報が出てます。よく、「地球の歩き方は間違いが多いからなあ」という人がいます。でもこれは仕方がないのです。みなさん経験があると思いますが、観光地に行くと、入場料などはガイドブックのものよりも値上がりしてます。毎年値段はあがりますし、開館時間が変更になったり、レストランはつぶれたり、状況は常に変化してます。それをすべて正しく書くというのは不可能です。でも地球の歩き方はその場所への行き方、おすすめの観光地、レストランなど、基本的に事は全て出ております。100%当てにせず、半分くらい当てにしてあとは現地で詳細情報を確認する、というのがよいでしょう。

について:
私は旅行に行くと観光、食事、文化などその場所を存分に楽しんでいます。それは全て下調べ、計画を立てているからです。そのうえで現地での新情報を加えて臨機応変に変更したりもしますが。

私は行きたい旅行先のリストを作っています。
そのリストには、ベストシーズン、行く手段(フライト、バス、車)、必要な日数などが書かれています。そうしておけば、来週突然●日休めそうというときに、どこに行くか、すぐに決められます。普段からガイドブック、ネットなどを調べて、その場所の情報を集めておけば、旅行先リストを作ることができますので、おすすめですよ。
旦那さんがどこも連れて行ってくれない、と嘆いている方は、事前にこの旅行リストを作っておけば、旦那さんにアドバイスすることも可能ですよ!

細かいことも書けばもっとたくさんアドバイスがありますが、今日は基本的な事のみにしておきます。
みなさん、計画をしっかり立ててよいご旅行を!

来年もよろしくお願いいたします。
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

今日もありがとうございます

Booking.com
Rentalcars.com
Recent Comments
  • ライブドアブログ