在オランダ日本大使館があるDen Haag(デン・ハーグ)には、素晴らしい美術館がいくつかあります。
真珠の耳飾りの少女が有名な「マウリッツハイス美術館」や、だまし絵の「エッシャー美術館」、パノラマ風景画の「パノラマ・メスダグ」は本当にこれが絵画なのかと圧倒されます。

これら有名な美術館だけでなく、日本大使館の近くに「ハーグ市立美術館」というかなり渋い美術館があります。
「マウリッツハイス美術館」より素晴らしいとまでは言いませんが、なかなかいい絵がそろっているので、ご紹介したいと思います。
DH01DH02
デンハーグ市美術館(Gemeente Museum)
address: Stadhouderslaan 41, 2517 HV Den Haag
TEL: 070-338-1111
Close: Monday
Open: 11:00-17:00
入場料:13.5euro (18歳以下は無料)、Museum card所有者は無料。
http://www.mauritshuis.nl/en/
・1935年に建てられた近代美術館。ピート・モンドリアンのコレクションで有名。モネ、ピカソの絵もあります。私が強くお勧めするのは「Siebe Wiemer Glastra」の絵です。1度見たら忘れられない絵ばかり。色使いに圧倒されます。フラッシュ無しで撮影OK。

1st floorではDutch fasion、服飾の近代アートの展示でした。なかなかインパクトのある服ばかり。
DH03DH04

DH05DH06

私はファッションにはあまり興味ないですが、写真に撮るとなかなかすごいですね。
DH08

DH07DH09

DH10DH11
なんか、ゆるキャラみたいなのが混じっていました。
DH12DH13

地上階のデルフト焼きのコーナーは見ごたえがあります。
DH14DH15

DH16DH17
デルフト焼きの鳥かご、かっこいいですね。
DH19DH18

王室御用達のものもあって、素晴らしいものばかりです。
DH21DH23

ピート・モンドリアンのコレクション。初めて見ましたが近代的な中にも癒される雰囲気があり気に入りました。
DH24DH25

DH26DH27

近代美術館らしく、奇抜な展示、何これ?的なものもあって、私は好きです。
DH28DH31

DH33DH34

DH35DH36

DH37DH40

ピカソの絵が4枚ほどありました。これもピカソという絵もあるのでお見逃しなく。
DH39DH43

DH41DH42

個性的な画家、作品が多く、非常に興味深いです。
DH44DH45

DH46DH47

私のお勧め、Siebe Wiemer Glastraの絵は地上階の右奥にあります。
1910年生まれ、49歳から絵を描きはじめて63歳で亡くなっています。プロの画家になろうとは思わなかったようですが、自分はすべての画家の中の王だ!と宣言していたということで、かなりの自信家だったようです。
聖書を題材にした絵画が多く、非常に独特な画風、色使いです。
DH48

写真だと分かりづらいのですが、絵の具を何度も重ねていて、立体的な絵になっています。
DH49

横から見ると絵の具を盛り過ぎてゴツゴツしている部分や、山のように盛り上がっていたりして、迫力があります。
DH53

この絵も立体感が半端じゃないです。
DH50

近くで見るとかなり立体的な状態がわかります。
DH51DH52

一度見たら忘れられないほどのインパクトがあります。
DH54DH55

DH56DH57

ヴィンセント賞、受賞の絵画の部屋もお勧めです。毎年選ばれる、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ賞を受賞した絵画を集めた部屋です。インパクトある絵画ばかりで見ごたえがあります。
DH59DH60
DH61DH62

中央には広いカフェもありますので、絵画、美術鑑賞含めて1日ゆっくりするのがいいと思います。
DH38
在オランダ日本大使館から近いので、パスポート更新等の後に寄ってみてはいかがでしょうか。お勧めです!