以前トラピストビールについて記事を書きました。

トラピストビールと呼べるのは7か所しかありません。
(1)Chimay, シメイ - (スクールモン修道院)
(2)Orval, オルヴァル - (オルヴァル修道院)
(3)Rochefort, ロシュフォール - (サン・レミ修道院)
(4)Westvleteren, ウェストフレテレン - (シント・シクスタス修道院)
(5)Westmalle, ウェストマール - (ウェストマール修道院)
(6)Achel, アヘル - (ベネジクトゥス修道院)
(7)La Trappe, ラ・トラッペ - (コニングスホーヴェン修道院)

この中で最も古いトラピストビールはORVAL(オルヴァル)で、通常一般には公開されておりません。
ただし年に一度だけ、2日間限定のOpen-dayがあります!

今年は9月18日(金)と19日(土)、8時半から16時までがOpen-dayとなっています。
http://www.orval.be/en/89/Open-door-days
見学は予約制で、だいぶ前からFull bookになっていたのですが、先ほどサイトをチェックすると、18日は結構まだ空いています。19日は8時45分と10時15分が空いていますね。

トラピストビールの中でもORVALは特に有名で、1種類のビールを1070年からつく続けているというこだわりの強いブリューワリー。Amstelveenからは車で4時間くらいかかり、フランス国境近くでかなり遠いですが、一生の思い出となることでしょう。

サイトで予約をして行ってみてください。