今日はコンセルトヘボー(Concertgebouw)のお勧めクラシックコンサートをいくつか紹介します。

チケットの購入方法などはこちらをご覧ください。

最近はオランダ語だけでなく英語サイトができたのでだいぶ分かりやすくなりました。
http://www.concertgebouw.nl/en
On-lineでチケット購入するにはまずは名前や住所などの登録をしてください。

ロイヤルコンセルトヘボー交響楽団は、ベルリン、ウィーンとともに世界三大交響楽団の1つです。
私の日本の友人は、土日だけでロイヤルコンセルトヘボーの演奏を聴きに来るほど大好きで、その友人は、Amstelveenなら近いから、いつでも行けてうらやましいと言っています。
大ホールは音響設備も最高です。世界トップクラスの楽団のクラシックをもっと聞きに行きましょう!

ただ、、、、素人の私からみると、コンセルトヘボーの演奏曲は渋い曲というか、よく知らないクラシックの曲が多い気がします。詳しい方に聞くと、CMで流れるようなみんなが知っているクラシックよりも、玄人好みの渋く、難易度の高い曲を選びがちなのだそうです。さらにオランダ人のクラシックのファンにとっては、私のような素人が知らない曲でも有名な曲なので好まれる、ということだそうです。

以下は私の全くの主観ですが、素人でも知っているクラシック曲、聞いて楽しい曲を紹介しようと思います。
この前コンセルトヘボーのサイトから2016年6月分までチェックをしてみましたので以下紹介します。
曲名をYoutubeなどに入力してもらえれば実際の曲が分かります。ロイヤルコンセルトヘボー交響楽団ではないものも含んでいます。

(1)ベートーベン、交響曲7番 : 2015年8月20日(木)ほか
ロイヤルコンセルトヘボー交響楽団ではないですが、この曲を聴きたかった!
concertgebow1
ドラマ、のだめカンタービレのオープニングの曲でも使われている「ベートーベン、交響曲7番」、Web-site上では、Beethoven - Zevende symfonie in A, op. 92とオランダ語になっていますが。この曲を是非生で聞いてみたかったのでチケットを買いました。楽しみです。8月20日以降でも別の楽団などでこの曲ありましたので検索してみてください。

(2)Rachmaninoff - Tweede pianoconcert in c, op. 18 :2015年12月6日(日)11時から
concertgebow2
この曲は、ソチオリンピックにて、浅田真央フリーに使われた曲で、日本人なら誰もが知っている曲となりました。フィギュアスケートではラルマニノフの曲が好まれて多くの選手が使っていますが、この曲は真央ちゃんの代表曲のようになりましたね。日本人としてはこの曲を聴くとハラハラして胃が痛くなりますが。。。。
非常に素晴らしい曲なので生で聞いてみましょう。

(3)Beethoven - Vijfde pianoconcert in Es, op. 73 'Kaiserkonzert' :2016年1月6日(水)、7日(木)、10日(日)
concertgebow6
まずはこの曲をYoutubeなどで聞いてみてください。日本のTV番組などでも多々使われているので聞いたことがあると思います。

(4)Beethoven - Symphony No 5 in C minor, Op 67
Wagner - Eerste akte (uit 'Die Walkure', WWV 86b) :2016年4月8日(金)
concertgebow3
これはすごい!ベートーベン交響曲5番とワグナー「ワルキューレの騎行」の両方とも有名な曲です。ベートーベンと言えばこれ、ジャジャジャジャーーンの5番!
そしてワルキューレも素晴らしいです。
コンセルトヘボーは総指揮を務めていたマーラーが大好きですよね。ユダヤ人のマーラーを迫害していたワグナーの曲はあまりやらないのですが、珍しいです。

(5)Mendelssohn - Vierde symfonie in A :2016年6月22日(水)、23日(木)
concertgebow4
この曲ものだめカンタービレでも使われていました。
Beethoven - Vierde pianoconcert in G, op. 58も素晴らしい曲です。

(6)Gershwin, Rhapsody in Blue
この曲も、のだめカンタービレで使われ有名になりました。曲の途中からのメーンの部分は荘厳な感じで感動的です。去年私はロイヤルコンセルトヘボー交響楽団にてこの曲を聴きました、とてもよかったです。2015年秋以降でもたしかやるはずですが、今調べたら見つからず。。。皆さん探してみてください。素晴らしい曲です。

というわけで、ほかにもありますがまずはざっとこんな感じです。
世界トップクラスのクラシックを堪能しましょう!