1650年創業のブラウンカフェ、De Drie Fleschjesを紹介します。
Drie11Drie02
De Drie Fleschjes
address: Gravenstraat 18,1012NM, Amsterdam
TEL: 020-624-8443
Open: daily, 14:00-20:30(Sunday15:00-19:00)
http://www.dedriefleschjes.nl/start.html
●1650年創業、ザ・スリー・ボトルという意味のブラウンカフェ。店内には年代物の樽が並んでいます。

365年前から営業しているブラウンカフェ。店内の様子はもはやMuseumのようです。
Drie06Drie08
オランダ発祥のジェネバーが飲めます。
他にも生ビール、カクテルも作ってくれます。
Drie09Drie10

常連のおじさんが、いいからジュネバー飲んでみろ、ということで一口もらいました。おいしいですが私にはきつ過ぎ。。。
Drie21

このビアサーバー、年代物ですごい。てっぺんのロウソクと下に固まったロウが時代を感じさせます。
Drie20Drie19
Jopenの生ビール、200ml=4.5euro、ちょっと高いかな。

おつまみとして、ゆで卵、オリーブ、鍋には肉団子があります。
上を見上げると古いランプでいい感じです。
こういう店で、LED照明はダメですよね。
Drie12Drie05

当時は、ホテル、Grolschビールなどが自分の樽を置いて、ジェネバーを保管したのだそうです。蛇口には鍵がかかっていて、社員さんなどは鍵を持っていてあけて飲むわけです。今ではほとんどは使われていないそうです。
Drie04Drie13

Drie16Drie14
店内、いい雰囲気。これぞブラウンバーですね。小さいお子様と一緒に来ても大丈夫!色鉛筆で絵を書いたりできます。
Drie15Drie17

Drie18
ダム広場に隣接する新教会の裏にあります。