スキポール空港近く、飛行機を間近で見よう!Part1の記事はこちらです。

人口1億2千万人の日本を代表する成田空港には滑走路がたったの2本しかなく、いつも滑走路で飛行機が渋滞してます。。。。3本目を作っている最中ですが、今でも空港建設反対派の数人の方々が頑張って滑走路内に交代で住んでいるので思うように進まず。。。。情けない。。。成田空港に着いたときに、見張り台のようなものがあるので気づいた方もいるかと思います。
個人的には滑走路内で頑張って反対する意味が果たしてあるのか?逆に日本全体の経済の邪魔をしているだけの気がしてなりません。

それに比べて人口1千万人のオランダを代表するスキポールには滑走路が6本あり、ヨーロッパでは4番目に大きいハブ空港です。

前にも書きましたが、6本の滑走路のどこを現在使っているのか、以下のサイトからチェックできます。
http://inzicht.bezoekbas.nl/

以下の斜めの滑走路を使っているときにおすすめの飛行機の見学場所をお伝えします。
Schiphol02

スキポール近くのRozenburgというところです。Amstelveenセンターから車で15分ほどです。
お勧めの場所は、以下の「撮影スポット」という場所。ただこのすぐ近くは駐停車禁止なので少し離れた、Aalsmeerderwegに駐車しましょう。以下の「路上駐車OK」と書いた通りが、Aalsmeerderwegです。
Schiphol04 

ここが、Aalsmeerderwegです。この通りは路駐OK。
Schiphol05

beech avenueという通りを徒歩で右折します。
Schiphol06Schiphol08
これがbeech avenue、なぜか英語名。。。駐停車禁止です。
Schiphol07

beech avenueにはバス停があって、Aalsmeerderwegというバス停。土日はほとんど走らないので要注意。やはり車できた方がいいです。
Schiphol09Schiphol10
beech avenueを北西に歩くと、、、、、人だかりが!
Schiphol11Schiphol12
みなさん、ご自慢の一眼レフをもって、飛行機の着陸を撮影していました。
Schiphol13Schiphol14

さらに奥に入ると、上図の「撮影スポット」の当たりになります。
Schiphol15Schiphol16
写真だと伝わりにくいですが、かなり迫力あります。
Schiphol17Schiphol18

ジャンボだと、重く、衝撃が強いので、かなり速度を落として進入してきます。
小さい飛行機は高速で進入して、そのまま着陸します。
Schiphol19Schiphol20

下手な?パイロットだと、着陸時にタイヤを強く押し付けてしまうので、ゴムの焦げたにおいがしてきます。
このように観察すると気づくことが多く、非常に面白いです。
Schiphol20Schiphol21
子供たちは大はしゃぎ!
暖かくなったらお弁当持って、食べながら見るのもいいですね。
やっぱ、「あららぎ弁当」かなあ。