以下、ポートフォリオのニュース記事から。
ーーーーーーー

OVチップカードの誤用で、利用者は毎年合計数百万ユーロ(数億円)余分に支払っていることがわかった。間違えて余計に支払ってしまった場合には返金をクレームできるが、これを実際に行ったのは10人に1人。しかし、輸送機関も返金手続きにかなりのコストがかかるため、これで儲けているわけではないという。

アムステルダムの公共交通機関(バス、トラム、メトロ)だけで毎月のべ10万人がチェックアウトし忘れる。ロッテルダムでは15000人。国鉄(NS)では月に25000人がチェックアウトしていない。
バス、メトロ、トラムではチェックインしないでチェックアウトすると自動的に4ユーロがOVチップカードから差し引かれる。国鉄(NS)では、これが20ユーロとなる。

チェックアウトのし忘れは全体の2% チェックアウトし忘れると次のチェックインまで課金され続ける。

ーーーーーーー
オランダのOVチップカードは便利ですが、間違ってチェックアウトしたり、し忘れたりした場合も課金されてしまうのが納得いかないですよね。Tram、Metroにの駅はほとんど無人だし。。。。
わざわざ中央駅に行って返金手続するのも面倒だし。。。。。

いやいや、ネット上で情報を入力すれば、ちゃんと返金されますので少額でも請求しましょう!
私は今まで、OVチップカードにチャージする際にエラーで課金されなかったことがありました。またチェックアウト時になぜか倍額以上も引かれてしまったことも。。。。その都度ネットから請求して、ちゃんと戻ってきました!意外と簡単!以下にまとめます。

まず、オランダにはGVBとConnexxionの2種類の会社があり、請求する際のWebサイトも別なので注意してください。

Connexxionの請求方法
connexxion-bus
Connexxion
https://www.connexxion.nl/klachten/121

このサイトにて、必要な情報を入力してください。オランダ語のみなので、Google-Chromなどで英語に自動翻訳させると分かりやすいです。
実際に使ったOVチップカードの番号を記載してください。これで担当者は記録をチェックできます。
Email-addressも入力しておけば、1週間以内にメールで返事をもらえます。

GVBの請求方法
http://en.gvb.nl/service_en_verkoop/00klantenservice/60formulieren/Pages/Claimformulier.aspx
このサイトから請求できます。必要であれば写真の画像なども添付できるようになっています。必ずOVチップカードの番号を入力しましょう。

Connexxion、GVB共に、返金の方法は、メールなどで詳細を説明されます。銀行口座への返金か、以下のOVチップカードのチャージマシンから返金(チャージ)される場合もあります。この黄色いチャージマシンにOVチップカードを入れればカード番号を自動で認識して返金(チャージ)されます。結構賢いマシンですね。
Machine01

無事返金されるとうれしいものです。チェックアウトのし忘れの時、エラーや課金ミスなどいろいろと問題が起こる可能性はあります。上記の返金手続きは慣れれば簡単ですので、あきらめずにネットから請求しましょう。