DenHaagにあり、長期改装中だった「マウリッツハウス美術館」が2014年6月27日(金)に再オープンいたします!

オープン日の6月27日は20時から無料となり、夜中0時まで開いているとのことです。就業後に行ってみるのもよいですね。

これでようやく、また、真珠の首飾りの少女、デルフトの眺望など、フェルメールの名作をみることができますね。
みなさん是非!
日本語サイトはここ。
----------
改造のため休館していたハーグにあるマウリッツハイス美術館が6月27日(金)に再オープンする。27日は午後8時から特別展と常設コレクションを無料で鑑賞できる。ただし28日からは通常料金となる。
今回の改造で隣接の建物の一部を購入したことでマウリッツハイス美術館の面積はこれまでの倍となった。また入り口も以前とは異なり広場の反対側にある現代的な入り口から地下を通り抜ける。

新館にはカフェ、ミュージアムショップ、オーディトリアム、図書室、教育用スペースが設置されている。
オープニングを記念した展覧会は、マウリッツハイスとその住人の歴史についてである。
マウリッツハイスにはフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、レンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」、ファブリティウスの「五色ヒワ」、ポッテルの「雄牛」といったオランダの17世紀黄金時代の絵画が常設展で展示されている。