Amstelveen在住の皆さんは公共交通機関のTram5番、Metro51番をよく使うかと思います。
Tram、Metroはドアについているボタンを押さないと開かないので、最初は分からなくて焦ることもありますよね。

Tramは問題ないのですが、Metroはたまにドアが故障していてボタンを押しても開かない場合がありますのでご注意ください。

私の経験上では、Metro51に乗るとき、3回に1回はどこかのドアが故障しています。。。
故障しているドアにはDeze DEUR is DEFECT (This DOOR is OUT OF ORDER)、つまり「故障中」という意味のステッカーが貼ってあるので、注意して確認し、別のドアに移動してください。

これです!「故障中」の赤いステッカーが貼ってあります、わかりますか?
defect01defect03

defect04

拡大しましょう。
This door is out of order=このドアは故障しています。と書かれていますね。
こんなシール貼るんだったら、とっとと直さんかい!と言いたくもなりますが、まあわざわざ貼ってくれていますので、すぐ別のドアに移動しましょう。
defect02
ただ、このステッカー、結構見づらいし、焦っていると気付かず、何度もドアのボタンを押してしまうんですよね。
そして、結局開かず、Beep音が鳴って、Metroはむなしく出発してしまいます。。。。

オランダ人でも気づかずに必死に開けようとしていて、私はその都度、「壊れているから隣に行って!」と教えてあげます。。。。日本だと考えられませんが、ヨーロッパではごく普通です。

1本のMetroを乗り過ごすことによって、国鉄やフライトに乗り遅れる可能性もありますので、Metroが到着した際にはドアを注視して、このステッカーがあったらすぐに隣のドアに移動しましょう!