5月1日からゴッホ美術館が再オープンしましたね。

------------
改修工事のため2012年9月から閉館していたオランダ・アムステルダムのゴッホ美術館が5月1日、約7カ月ぶりに新装オープンした。

 「ひまわり」をはじめとする豊富なゴッホ作品に加え、ゴーギャン、モネら同時代の画家の作品や、ゴッホが傾倒し収集した日本の浮世絵などのコレクションが、再びゴッホ美術館で見られるようになった。

 改修工事では内装のほか空調設備を一新、気温や湿度など館内の環境を絵画の保存に適切な状態に保てるようになった。

 再開を記念して、ゴッホの成長の軌跡をたどる特別展を来年1月12日までの予定で開催する。

 アムステルダムでは17世紀オランダ絵画のコレクションで有名な国立美術館が10年間の改修工事を終えて4月13日に再開したばかり。ゴッホ美術館の再開により、公開中の市立美術館と合わせ、市内の3つの主要美術館を見学することがようやく可能になった。
------------

4月13日からは国立西洋美術館、5月1日からはゴッホ美術館が再オープンとなりました。最新情報によると、両美術館とも平日でも長蛇の列で数時間待ちの状態だそうです。オランダ在住のみなさまで急を要さない場合は、しばらく西洋美術館、ゴッホ美術館にはいかない方がよさそうですね。
でも早く行きたい気持ちもありますけど。。。

今の時期のオランダは年間で最もよい季節ですので楽しく過ごしましょう!