みなさん、こんにちは!

3月は帰任、赴任のシーズン。日本に帰る人、日本からオランダに赴任する人、日本人の異動が多いですよね。

日本からオランダに来ると、まずは家、アパート探し!
多くの日系企業では、まずはオランダで働く夫のみが来て、働きながら家さがしをするのが普通です。オランダに数年間住むわけですから、この家さがしは非常に重要なのですが、みなさん仕事をしながら家さがしをするため大変な作業です。

通常、家を決める際の決定権は奥様が持っているので、我々は不動産屋から見せてもらった物件を最大限、分かりやすく奥さんに説明するわけですが、うまく伝えるのは難しいです。
男側としては十分情報は伝えて、家を決めるわけですがその後数か月して奥様、お子さんが到着すると家族からはブーイングされたり、こんな家だとは思わなかった。。。などいう人もいます。帰任までの数年間家族にもんくを言われないためにもいい物件を探したいですね。

オランダでは、物件は大きく分けて2種類あって、「ローハウス」=戸建、「フラット」=アパートです。
私はフラットに住んでますので、以下、私の主観で、オランダでフラットを探すに当たっての注意点、コツ、ポイントなどをまとめます。

まず最優先すべきは「セキュリティ。安全性」です。次に「快適性」だと思います。

以下のようにして、実際に見た物件をまとめるとよいでしょう。
〕ダ莉膂未鼎韻垢襦
∧件を見る際には、写真のみならず、動画も撮る
J件の写真、動画を含め、チェックシートを作成して家族に送り確認してもらう

まず,砲弔い董
以下、私が思う、物件の優先順位です。
(1)地上階は避ける
(2)お湯はガス式がよい(タンクで電気湯沸しはNG)
(3)なるべく新しいフラットを選ぶ
(4)風呂場は「バスタブ」付き
(5)キッチン、シンクは大き目
(6)食器洗い機付き

地上階は空き巣に入られる可能性が高いのでなるべくやめるべきです。
次に重要なのは水回り、風呂場、キッチンなどです。
Water01Water02
左はタンクに水を貯め、電気で沸かすタイプのものです。このようなタイプは避けた方がよいでしょう。

タンクの大きさにもよりますが、電気で湯を沸かすのは時間がかかるため、湯がなくなると、数時間待たなくてはなりません。

例えば、シャワーを浴びるとタンクの湯が空になり、次の人がシャワーを浴びるまで2,3時間待つということになります。
日本ではこのタイプはありませんが、ヨーロッパでは、古い家、アパートではこのタイプのものがたまにありますので注意しましょう。
ガス式、アパート全体で沸かす式のものがよいですね。

古いアパートは水回りに問題が起きたり、ネズミが出たりといろいろと問題が起こりますのでなるべく築年数が新しいアパートがよいです。

ヨーロッパではシャワーが当たり前なので、電話ボックスのようなシャワー室のみのところもありますが、日本人としてはたまには風呂に入りたいものです。バスタブ付がおすすめです。

オランダ人はあまり料理をしないのか?キッチンが簡易なアパートが多いです。洗い場、シンクがかなり小さい場合もあります。料理をする場合にはシンクは大きい方がいいですね。


△砲弔い董
物件を見る際、今時はデジカメで写真を撮るかと思います。それを日本にいる家族に送って確認してもらうわけですが、写真だけだと物件の様子が完全には伝わりません。デジカメで各部屋、上記の優先順位に関しての写真を撮った後は、動画も撮りましょう!
玄関から動画を撮り始め、各部屋を回りながら撮ります。説明しながら動画を撮ると、家全体の様子が分かります。

について:
上記,陵ダ莉膂漫各アパートについて、Excelなどでまとめておくと見やすくてよいでしょう。優先順位について○、×などを付けるとわかりやすいですね。
写真、まとめExcelファイルをメールなどで家族に送りましょう!
動画は重いので、Youtubeなどのサイトにアップして、「限定公開」などの設定にして、サイトリンクのみを家族に送るとよいでしょう。


以上、みなさんそれぞれで優先順位や考え方は違うと思いますが、私が思う重要なことをまとめました。よかったら参考にしてください。