今日はオランダが誇る、コンセルトヘボー、クラシックコンサートホールの紹介です。

concertgebow03concertgebouw6コンセルトヘボーは、「コンサートホール」という意味。世界三大オーケストラの1つである、ロイヤル・アムステルダム・コンセルトヘボー管弦楽団が1888年依頼このホールを本拠地としております。
内装は全て木造で、世界最高の音響と言われています。

毎週水曜日の昼は、ランチコンサートと言って、無料でコンサートの練習を見ることができます。みなさん私服で演奏するらしいですが、本場の音楽を無料で楽しめるので一度見てみたいですが、平日なので私は行ったことがありません。

私はクラシック、ジャズが好きなので、家族がオランダに来る前、2年前は一人で毎月聞きに行ってました。しかしここ1年以上は行ってませんでした。
concertgebouw
久しぶりに許可が出て、一人で行くことにして、Webサイトをチェックしました。

concertgebouw(コンセルトヘボー)
http://www.concertgebouw.nl/en


以前はオランダ語のみだったのですが英語表記もできて非常に便利になりました。このWebサイトから席を選んでクレジットカードなどで支払いもできます。支払い後は2日内には自宅にチケットが届きます。大体は次の日にチケットが届きます。素晴らしい!
せっかくなら、「Royal Concertgebouw Orchestra」のコンサートを選びましょう!

というわけで今回は12月10日のクリスマスキャロル、少年合唱のチケットをゲットしました。

コンセルトヘボーは席によって値段の幅がかなり大きいです。最も安い席は20ユーロくらいから、高い席は100ユーロ以上したりします。

私はいつも一番安い席にしてます。安い席をいつもとるので、安い席の中でもいい席、悪い席がわかってきました。最安値の中でもお勧めの席を紹介します。

最安値は2種類あって、
.好董璽減覗偉鵑ら2,3列くらい。
▲好董璽幻緤


concertgebouw33これがコンセルトヘボー、大ホールの見取り図です。上部の扇形のPodiumと書かれている部分がステージ。

,蓮▲好董璽犬凌寝次∈覗偉鵝2列目、3列目までのことです。ステージは客席から1m以上高いので、最前列に座るとステージの様子がほとんど見えません。だから最安値なんです。
ここでは、3列目の中央付近がお勧めです。
最前列はステージが全く見えませんが、3列目くらいになると結構見えます。そして左右の端ではなく、中央部がよいです。ここで20ユーロくらいというのはかなりお勧めです。もう1列下がった4列目になると値段は倍になりますから。

△老觜酬蠑譴任后
ステージの後ろ側にも観客席があります。
このステージ後ろ側の席は通常、最安値です。オーケストラを後ろから見下ろす感じになり、全体が見れますし、指揮者の表情を見ることができるのでかなりお勧めです!
このステージ後ろ側の席
concertgebouw3をとる際には、一番前の列がおすすめです。後ろの席になると、左のようにステージが全く何も見えなくなってしまいます。

左右の端の方なら後ろの方でもステージが見えますので大丈夫でしょう。






concertgebouw5ステージ後ろ側の最前列から見下ろすとこんな感じ。
これは2010年冬、Sonny Rollins、80歳のライブコンサートの様子。本当は撮っちゃダメっす。






あと通常、チケットにはAmsterdam市内、GVBのバス、トラム、メトロのチケットが込みです。
また、休憩時間のドリンクも無料で飲むことができます(コンサートにより異なります。食べ物は有料)。
concertgebouw8concertgebouw9







これは2009年、初めてコンセルトヘボーに行った時、内部を撮ったものです。
concertgebouw7
本当は撮っちゃだめなのですが、このときは本帰国前で記念に来たので、係の人に撮っていいか頼みました。

すると係の人は「私は今から向こう側の様子を見てくるから、その間はここで何が起こっているのか見ないことにします」と暗黙の了解!しゃれた気遣いがうれしくて数枚撮らせてもらいました。



冬場はクラシック、オペラの季節です。みなさんも是非、
ロイヤル・アムステルダム・コンセルトヘボー管弦楽団の演奏を一度は見に、聞きに行くとよいでしょう!